第五十八夜 RSSフィード

最近、個人・企業を問わず「RSS」なる小さなボタンが付いているサイトを目にすることが多くなりました。
簡単な説明は、
http://www.atmarkit.co.jp/aboutus/rss/rss.html
にあります。
ざっくり言うと、あるサイトの更新情報を別のサイトで表示させる技術のことです。
最近ニュースサイトの記事情報を複製、引用した場合の法律的な解釈が揃ってきて、趨勢としては「載せたもん勝ち」的な流れになりつつあります。
速報性を売りにするサイトとしてはそんなことを勝手にされては堪らないとは思いますが(引用元を銘記することによって逆にアクセスが集まる効果もあるとは思いますが)、それを逆手にとった動きです。

規制出来ないなら売り込もう

発想の転換をしようとしているみたいです。
ではどんなところがこのRSSフィードの提供を考えているのでしょうか? 探してみました。

google検索 RSSフィード 

まずは上のアットマークIT
楽天(→楽天の中でRSSフィードを始めているサイトhttp://plaza.rakuten.co.jp/ahondara/rdfinfo/
ASAHI.com http://www.asahi.com/information/rss/index.html
SOPHOSのウィルス情報 http://www.sophos.co.jp/virusinfo/infofeed/rss_index.html
SEMリサーチ http://www.sem-research.jp/sem/announcement/20031123181948.html
と思ったらall about japan に紹介ページがあり、ジャンルごとにごっそり!
http://allabout.co.jp/rss/

あっちもこっちもRSSみたいです。
はてなもそのうち取り入れるようです。

興味のある方は以下のページが参考になるかも、
自分のページにRSSフィードを取り込む手法が簡単にかかれています。
http://www.hotwired.co.jp/webmonkey/2003/26/index3a.html

この流れでいくと個人ページにはあちこちのRSSを表示させるのが流行りになりそうです。
しかし、こういう動的なページが増えてくると保持したキャッシュから検索をかけるgoogleのようなサイトは相当な苦労が予想されます。

そう、検索結果にRSSが含まれてしまうと検索結果の表示が大変なことになってしまうからです。
同じ記事内容を持つサイトが複数現れる・・・しかもそのサイトのRSSは動的な記述のため次の日(時間単位の場合も・・・)には変わっている。
はてなのようなブログサイトもトップページが次々変わっていくので検索結果から私のところに飛んでくる方は苦労していると思います。(ヘッダに注意書きを加えたんだけど見てくれてるかなあ・・・)サイト内検索窓は全部の結果を表示してくれるわけではないし・・・。

まあこの辺はgoogleも考えていると思うので(はてなさんは考えてるのかな?)どう転ぶかは分からないですが、まず間違いなく予想できることがあります。

・・
・・・
一つのページにいくつまでRSSフィードを表示させることができるか! 

なんていう実験をするところが出てくるに違いない。
まあそれは微笑ましいことで済ませられるのですが・・・。